専業主婦がお金を借りる方法

連帯保証人なし無担保という縛りの少ないスタンスによって隆盛した現代の消費者金融ですが、それは言い換えれば借りに来た本人の「返済能力」を厳密にチェックするということでもあります。

そのため、本分が学問である学生の方や定職に就いていないフリーターの方は、お金が必要になっても借りにくい部分がありましたが、さらに借りるのが難しいと考えられているのが専業主婦の方です。額面上は収入がゼロということになってしまうので、厳密に「年収の3分の1以上はダメ」という総量規制を当てはめてしまうと、まったくお金が借りられないということにもなり得ます。
参考サイト:貸金業法のキホン:金融庁

もしお金を借りたいのであれば、自主規制できっちりと総量規制が決まってしまっている消費者金融系の会社を避けた上で、「夫も借金には同意してくれていること」を明確に示して交渉するということになっていくのではと思われます。

もちろんその際には嘘は厳禁で、どうしてお金が必要なのかということを、家族にもしっかり伝え、相談していることが前提となってきます。また、パートに出てみるなど、実際に働く意思、ひいてはきっちりした「支払い能力」を提示していくのも、貸し手側との信頼関係構築につながってくるでしょう。

消費者金融とキャッシングのお得な利用方法は?

数万単位のお金を借りる時に僕がオススメをするのはクレジットカードのキャッシングです。クレジットカードのキャッシングはとにかく素早くお金を借りることができ、登録などを完了させるだけであっという間にお金を借りることができます。

また、インターネットから自分の口座へ振り込んでもらうこともできますし、お急ぎの場合はATMを利用すればあっという間にお金を借りることができます。

つまり、返済に間に合っていない人だけではなくて、どうしても買いたいものがあるけどお金がない!という人もその場で利用可能なサービスです。また、リボ払いで払うことができるので少しづつ返して行くことも可能で、数万円単位の場合は利息も少ない金額で返済をすることができるのでお得です。

しかし、数十万、数百万円単位でも借り入れの場合で一括返済が難しい場合はキャッシングでの借り入れは避けたほうがいいです。
なぜなら、リボ払いにしてしまうことによって利息だけでも膨大な金額になってしまうので、返済がものすごく大変になってしまいます。大きなお金を借りる時はなるべく金利の低い消費者金融などをおすすめします。

~まとめ~
数万円単位のお金を借りたい時には「キャッシング」数十万円〜は「消費者金融」をご利用するとお得です。

お金を借りる方法の参考サイト:お金借りたい時のおすすめの情報 (https://www.cashing-text.com/)

銀行カードローンと消費者金融、それぞれのメリット・デメリット

個人的にお金を借りるとなった場合、まず候補に上がってくるのが、消費者金融でお金を借りるか、あるいは銀行のカードローンを使って借りるかといったところだと思います。どちらを選んでも、合法的な金融事業であり、利息は年間2割以下、無担保といった基本的な要素は変わりません。

ただ、銀行のカードローンの場合、借りたお金にかかってくる年利が1割台と安く抑えられていることがあり、その点は18~20%の利息が指定されることが多い消費者金融と比べて明確にお得と言えます。

ただ、利息が低いということは、貸したもののお金が返ってこない「貸し倒れ」をあまり想定していないということを意味してもいるので、審査は厳しめになりがちという難点もありますね。

一方、ノンバンク系の消費者金融が一様に銀行カードローンに比べて審査が緩いのかというとそうでもなく、非銀行系の消費者金融の場合は年収の3分の1までしか貸すことができないという「総量規制」が設けられているので、そこで引っかかってしまうと問答無用でお金が借りられなくなってしまいます。

しかし、融資までのスピードに関しては一般に、仕事柄身分照会を厳しく行う銀行系よりも消費者金融の方が速いことが多いので、どうしてもすぐにお金が必要な場合は消費者金融の方が頼りになるかも知れません。